読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車の掃除方法

私は水洗い派ですね。
ちなみに、シマノの説明書にも『チェーンは中性洗剤で洗ってやると良い』というような事が書いてありますよ。
拭き掃除だけでは、最も重要な上に汚れが溜まりやすいチェーンの内側に入り込んだ汚れをキレイに落とす事ができません。
ですので、これらの油汚れを溶かし出してやる必要があります。
こびりついてしまったオイル汚れだと、洗剤だけだと落ちづらい時もあります(外から見える汚れは落とせるけど、ローラーの内側の汚れとかは溶かし出せない)ので、専用のディグリーザーとかクリーナーとかを使って、オイル汚れを分解してから洗剤で洗い流す、という風にした方がキレイになります。

ただ、水洗いもちゃんとやろうとすると結構な手間なので、そんなに頻繁にはしませんし、冬場なんかは寒いのでやりたくありません。
雨の中を走った後なんかは、真水でザッとすすいで砂とか泥を含んだ水を洗い流してから乾拭きして、乾燥させて注油、という感じです。

水洗いの際の注意点は、他の方もおっしゃっていると思いますが、回転部などに水を入れない為に、すすぎの際に水圧を強くし過ぎない事(私は、雨中走行後の簡易洗車の時だけ、チェーンの内側だけは水圧を高くして汚れを飛ばすようにしています)。
あと、洗った後はすぐに水を切って乾燥させる事です(水気が残ると錆びや塗装の変色の原因になったりします)。
もちろん、洗車の後は適切な注油が必要なのは言うまでもありません。

恐いのは、安い自転車の場合ですね。
安い自転車だとパーツの表面処理とか防錆加工とかがあまり良くなくて、錆び易いっていう事も考えられますので・・・。
表面が黒い鉄剥き出しのパーツが多い自転車は、あまり水洗いしない方がいいかも知れません。